重機・建機を買取ってもらう流れを理解しよう!

重機を売りたい方へ

重機を個人で所有している人は少ないでしょうが、業者が保有している、いらなくなった重機を処分するのはとても大変です。その場合は、買取サービスなどを利用すると良いでしょう。以下で重機の種類について紹介してきます。

さまざまな重機の種類

  • ブルドーザ
  • スクレープドーザ
  • スクレーパ
  • ショベル系掘削機
  • ローダ
  • ダンプトラック
  • モータグレーダ
  • 締固め機械
  • 連続土木システム
  • 穿孔機

重機・建機を売りたい方へ

上で見てきたように、重機にはさまざまな種類があります。また、建機も色々あります。重機・建機を買い取ってもらうには、どのような流れで買い取ってもらえば良いのでしょうか。以下で詳しく説明していきます。

買取までの流れ

申し込み

建機や車両を買取依頼したい場合は、まずは査定の申し込みを行います。インターネットでも簡単に申し込みできますし、電話やファックスなどで直接申し込むこともできます。申し込むことで対応の良さを確認することができるのではないでしょうか。自分合った申し込み方法を選びましょう。

査定・買取

建機や車両は大型で自分で発送するのはほとんど不可能でしょう。買取スタッフが査定金額を返答した後、出張買取の申し込みをします。その後、スタッフが現地にきて納得のいく価格だった場合は成立となります。現地まで来てくれるので非常に都合が良いです。直接交渉できることもメリットだと言えます。

買取成立

実際にスタッフが売主の現地に出張して現物を査定します。その際に最終的な査定額が決定します。納得いかない場合はキャンセルできる場合もあります。納得のいく場合は買取成立です。現地で直接取り引きすることができるので、便利ですし、すぐ取引できる点が安心です。スタッフと面と向かって交渉できるので安心できるのではないでしょうか。

引き取り・現金の受け取り

その場でスタッフに建機などを渡します。引き渡しと同時に現金を受け取ります。現金の受け取りには身分証明書が必要になりますので、忘れないようにしましょう。業者によっては保証が受けられる場合があります。取り引き前に確認しておくことが大事です。このように、買い取りまでの流れは非常にシンプルです。

重機・建機の買取の流れ

車と作業服の人

建機を買い取ってもらいたい場合

建機や車両の買取を依頼したいと考えている方は、まずは買取業者で査定を行いましょう。査定はインターネットですぐに申し込むことが可能です。さまざまな買取業者を候補に立てて、満足のいく取り引きができそうな業者へ査定を依頼しましょう。建機の場合は、買取を依頼した際に発送が困難です。そういった場合は、出張買取の制度を利用しましょう。出張買取とは、買取業者の現地まで持っていかずとも買取スタッフの方が保管場所まできてくれるので、非常に利便性が高いです。また、中古の車両を購入したい場合は、インターネットの買取ショップから購入することもできます。例えば、中古トラックや中古バスなどが挙げられます。インターネットで購入するといっても、実際に車両を見てから購入するようにしましょう。その場合には、信頼できる業者から購入することが大切です。

インターネットの買取サービスは便利

また、中古の車両を購入したい場合は、インターネットの買取ショップから購入することもできます。例えば、中古トラックや中古バスなどが挙げられます。インターネットでの検索だと条件を絞りやすく、好みの車両が見つけやすいでしょう。また、業者の評価も大切です。中には悪徳業者もいるので、口コミやホームページを参考にして選定しましょう。口コミ評価が高い人の声は、やはり業者の対応が良く、ときには良心的な価格で販売してくれるとのことです。また、ホームページがしっかりしている業者は分かりやすく、直接問い合わせをしたときにもスムーズに取り引きできます。また、建設現場で使われているコンプレッサーの買取を行なっている業者もありますのでそこから購入することもできます。コンプレッサーを新品で買おうとすると、高額であるため、このような買取業者から購入すると安く購入できます。また、買取業者は製品について詳しい店舗もありますので、コンプレッサーといった専門的な物品の説明を受けられるでしょう。

広告募集中